本日は夏越の祓でした。
茅の輪くぐりをなさった方もおられたのではないでしょうか。

6月(水無月)は氷と縁の有る季節、
旧暦6月朔日には氷の節句とされ、この日に氷を食すると夏痩せをしないと云われたそうです。

夏越の祓と共に頂く事の多い「水無月」という和菓子も氷の形を模したものと云われ、小豆には邪気を払う意味合いも有るようです。

今年も半分過ぎましたが、この時期は氷が食文化として深く関わる時期でもあります。
古くは日本書紀に氷室の記述が出ているようで、その他枕草子には「あてなるもの」(高貴なもの)の一つとして削り氷を清少納言が挙げています。

昨今は色々なシロップが出てきておりますが、この時期は古の人の思いを巡らせて、純粋な糖蜜にてかき氷を食してみては如何でしょうか。

余分なものを加えない糖蜜で頂くのが実は氷本来の美味しさが楽しめます。
阿左美冷蔵の天然氷を一番美味しく、氷本来の美味しさを引き立てるように調製しましたのが「蔵元秘伝みつ」となります。

5代目代表が試行錯誤し、和三盆糖と天然氷を一緒に煮溶かして仕上げました蜜となります。

現代は文明の恩恵にて氷自体も簡単に手に入りますが、昔は夏場に口にできるのは一部の限られた人達だけでした。
スローフードの天然氷にて古からの時の流れの趣も是非ご賞味いただけたら幸いです。



image
【写真 秩父神社境内の茅の輪】